beautiful girl

クマはレーザー治療で改善可能|健康的な肌を取り戻す

メラニン色素の沈着が原因

笑顔のレディー

悩み解消

目の下にできるクマは様々な原因でできてしまい、特にメラニン色素が沈着することによってできる茶クマはセルフケアでは消せないことが多いクマの1つです。茶クマを改善したい場合はシミ治療にも効果を発揮しているレーザー治療を受けるのがお勧めです。レーザー治療には様々な種類があり、作用にも違いがあります。また、病院により置いているレーザー治療に使う機械の違いなどもありますので自分の肌質にあうレーザー治療を受けると治すことができます。最近は、仕事に忙しいビジネスマンに増えている悩みでもあり、特に野外で働く人や営業職などの外へでる機会が多い人などはどうしても必要以上に紫外線を浴びるので目の下に茶クマができてしまい悩む人が多い傾向があります。

早めの相談がお勧め

茶クマができる大きな原因は紫外線によるメラニン色素の沈着です。これはシミと同じ原理でできてしまうものなので、セルフケアでは改善するのは難しい面があります。よって、なるべく早く病院の医師の診察を受け早めにレーザー治療を受けるのがお勧めです。シミが濃くなると治療が難しくなるのと同じように目の下にできる茶クマも濃くなる前に治療を始めるのが肝心です。また、医師の診察を受けるとクマの種類をはっきりさせることもできるので茶クマなのか他のクマなのかのタイプを知ることができます。それぞれのタイプに合わせてセルフケアの方法や治療方法が違うのでタイプを知ることは改善への近道です。また、紫外線を防止する為に日焼け止めを小まめに塗るように心掛けましょう。