beautiful girl

クマはレーザー治療で改善可能|健康的な肌を取り戻す

目の下の陰を取る方法

目元

治療の特徴

目に下に出来てしまった茶色いクマにはレーザー治療が効果的です。茶色いクマの原因のほとんどはメラニン色素の沈着によるものです。なので、茶グマには目の下の皮膚に沈着したメラニン色素の排出を促し、新しい皮膚の再生をしてあげることが必要です。そこでレーザー治療をすることによって、色素沈着している個所にレーザーを照射してメラニン色素を分解し、古い角質を除去して肌のターンオーバーを促し、徐々に薄くしていきます。また、レーザーによって肌に刺激を与えることで血行が良くなり肌全体のトーンが明るくなったり、ヒアルロン酸の増殖を促し、ハリのある綺麗な肌にしてくれる効果も期待できます。このように、茶色いクマにはとても有効な治療法です。

治療のメリット

レーザー治療には様々なメリットがあります。まず、痛みが少なく施術時間が短いことです。個人差はありますが、ゴムで弾かれるくらいの痛みと言われています。また、治療後のダウンタイムが短く、治療を行ったその日にお化粧をすることも出来ますし、すぐに普通の生活を送ることができるため、仕事で忙しい人も治療がしやすいです。そして、切開の必要がないことです。レーザー治療は皮膚のたるみによってできるクマにも効果があります。肌にハリを与えてたるみを引き締めるため、たるんだ皮膚を切開する必要がありません。ヒアルロン酸などを注入してハリを与える治療法などに比べるとその効果の持続性も長いです。このような理由から、クマはレーザーでの治療が人気となっています。